【ココヘル856】モラハラ的な人を引き寄せないためには2

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 856号 2017.10.10
こんにちは。あづまです。
いつも読んで下さってありがとうございます。

★セラコン 募集開始しました!
★無料説明会+プチセミナーを10/15(日)に行います。
http://bit.ly/2xoQkIM
(一応事前申込制です)

あづまやすしの心理セラピー&人間関係コンサルティング講座
通称セラコン パートA・BS・Cの日程です。
 パートA 10/21-22・11/18-19
 パートBS 12/9-10・2018/1/13-14
 パートC 1/27-28・2/17-18・3/10-11
http://www.556health.com/sp/r_therapist_ws/

★今後のセミナー予定
10/28(土) ゆるゆるクリニック(ワークショップ)
http://www.556health.com/sp/relux2/

さて今日も、恋愛ドクターの遺産のお休み(つづき)です。

モラハラ的な人を引き寄せてしまうことが多いが、
どうやったら改善するのか?

このテーマの第二回目です。

今回は、罪悪感と怖れ
そして、「○○できるようになると、○○が必要なくなる」話。

相手に対して、きちんと怒ることができる。
この能力は、モラハラ的な人(この記事ではモラ男と呼びます)を
寄せ付けないためには、大事な力です。

そして、ここが少し分かりにくいところなのですが、

怒ることで寄せ付けないようにする、のは、
もう、いつもやっているよ、という方もいらっしゃるのですが、

実は、少しだけ違うんです。

本当の意味で、モラ男を突き放すことが出来るようになったら、
寄ってこなくなるので、

怒って寄せ付けないようにする、ことを、
する必要が無くなる、わけです。

逆説的ですけどね。

そのポイントは、
・・・私が見ている限り、人それぞれのように思います。

これさえやれば、確実に解決、という秘策。
みたいなのは、ない気がします。

・・・希望にあふれた話じゃなくてスミマセン。

パターン(1)
ある人は、
まあある程度頑張って、
モラ男を冷たく突き放す対応をするようになった。

そうこうしているうちに、
いい人とめぐり逢って、結ばれた。

守ってくれる人が出来ると、
自分で全部頑張らなくて良くなります。

こういうのも、解決の道のひとつではあります。

とは言え、現代は男女共に働いていますので、
職場でのモラ男は、さすがにだんなさんに出てきてもらう
わけにはいかないですね。

頼れる上司や、同僚にうまく頼るというのも、
ひとつの方向性ではありますが、
やはり、自分で何とかしないと行けない部分は残ります。

パターン(2)
前回書いた、
見た目問題の影響が大きい人は、
そのへんを変えてみると、随分良くなる可能性は
あると思うのですが、

今回は、もうちょっと深い話を書きます。

パターン(3)です。

【なぜ、相手を冷たく突き放せないのか。】

これを考えてみましょう。

怖いから、かもしれません。
あとで何されるか分からないとか、色々考えてしまう・・・

あるいは、かわいそうだと思うから、かもしれません。
これは、共感力の高い人には、よくあることですね。
相手に対して冷たい対応をすること自体に、
罪悪感を感じてしまう、という反応ですね。

これは、ある意味、社会の変化によって、
新たな試練が与えられた、ということなんだろうな、
と私は解釈しています。

人間の感覚・感情のほとんどは、
狩猟採集の時代に進化したものです。
そういう生活が長かったからですね。

数十人単位の集落があって、
ときどき、移住して、暮らしている。
他の集落との交流・交易もあるが、頻度は高くない。

そんな感じの生活だと、
接する人間の数も、それほど多くないですし、
少ない人間同士、大事にし合わないといけないですね。

そういう集落の中に、困った奴がいたときは、
どうしていたんでしょうね?
これは謎ですが・・・

ともあれ、
もっと大きな集団・・・会社とか・・・になると、
少数だけど、面倒なやつが紛れ込んできますね。
そういう人に対応しながら生きていく、
という能力が、新たに、必要になった。
まあそんな風に、私は捉えています。
(まあこれは中世ぐらいから都市が発達したので、
 その頃には同様のストレスが生じたんだろうなと
 想像しています)

苦手だとしても、頑張ろうね。
そう言いたいわけですが(笑)

共感力が高い方の場合、相手に対して冷たい対応をすることに、
後ろめたさを感じたり、相手がかわいそうに思えたり
すると思います。

そうすると、怒っていても、どこか、本気の迫力に欠けている。
相手には、押せばまた折れてくれるだろうと思われてしまう。

怒って、口では「あなたとはもう関わりません」とか
言っていても、目がうるうるしているとかね。
見ていて、決然としている感じが、足りない。

責めているわけではありません。
親密で安定した人間関係の中では、
共感力が高いというのは、素晴らしい資質です。

だけど、その素晴らしい資質も、
「あなたとは(心の中でも)縁を切ります」
ぐらいの場面になると、裏目に出てしまうわけなのです。

怖いと感じている方は、インナーチャイルド課題かも
しれません。あとで書きます。

相手がかわいそうに思えて、
思い切って冷たい対応をすることが、苦手な人は、
共感力が根っから高い人の可能性が、高いと思います。

かわいそう=罪悪感

なので、その罪悪感をどうするか。
これがひとつの、大きなテーマになります。

アダルトチルドレンとかではなくて、
比較的、精神的成熟度が高い人の場合に、
効果が高い進め方があります。

それは、イメージトレーニングです。
相手に対して、冷たく突き放す対応をする、
その、練習をしてみてください。

家だったら、椅子や座布団を向かい合わせに二つ置いて、
片方に座り、もう一方に、その相手がいるとイメージ。

実際にその人(モラ男)に向き合っているときに言うであろう
言葉を、声に出して言ってみる。

そのときに、一番大事なポイントは、
「言う」ことじゃないんですね。

ここ大事です。

その一連の取り組みをしているときに、
色々な感情を感じると思うんですよ。

その感情を、しっかりと感じることです。
それが、一番大事なことです。

それこそ、
クッションを二つ置いた。
片方に私が座った
もう一方に、職場の、あの、モラ男上司がいると、
イメージした。

そして、
「○○はもう、やめてください」と言おうとした。

でも、
実際にその相手は、目の前にいないのに、
なんだか、かわいそうに感じてしまって、
【言えなかった】

そう、【行動】が一番大事、と考えるなら、
これでは、NGですよね。
できてないんだから。

でも、私が言いたいのは、そうじゃない。

言えなかったとしても、それはそれでOK。
「言おうと試みた」ことが、大事なんです。

そして、ここさらに大事。

言おうとしたときに、
「ああ、私、なんかかわいそうだと感じてるんだな。」
「あんなやな奴なのに、かわいそうに思ってるな・・・」
「冷たく突き放すなんて、やりたくないなぁ・・・」
(なんか、胸の辺りが重苦しい・・・)

色々な感情を感じると思うんですね。
それを、しっかり感じ尽くすの。
味わい尽くすんです。
ここがポイントです。

終わったら、少し体を動かして、
わき出てきた感情を、振り落としましょう。

それで、何の効果があるの?
と思われたかもしれませんが、

・苦手な場面を想像する (クッション二つ)
・行動があればやってみる(言う)
・そのときの感情を感じ尽くす

という三点セットをやると、
あら不思議。

現実のその場面に遭遇したときに、
出来るようになっているんですよ。

いや、いきなりは出来ないかもしれないけど、
確実に、抵抗感は減っているはずです。

苦手な場面を先取りして想像して、
その時に感じるであろう感情を、
これまた先取りして感じ尽くす。
これが、効果があるんです。

こうやって、苦手なことにもチャレンジしていく。
これが、大事なことですね。

インナーチャイルド、関係ないでしょ?
これなら。

あんまり、何でもかんでも、
インナーチャイルドのせいにしちゃいけません。

インナーチャイルドちゃん、怒ってるよきっと。
「何でもかんでもアタシのせいにするな!」って(笑)

とは言え、やっぱりインナーチャイルド課題のことも、
あるわけです。

長くなってきたので、インナーチャイルド課題の場合は
どうするのか。それを、次回お届けします。

ではでは!

というわけで、セラ☆コン お勧めです。

↓↓↓一緒に学びませんか?↓↓↓

★セラコン 募集開始しました!
あづまやすしの心理セラピー&人間関係コンサルティング講座
通称セラコン パートA・BS・Cの日程です。(Cもほぼ確定しました)
 パートA 10/21-22・11/18-19
 パートBS 11/9-10・2018/1/13-14
 パートC 1/27-28・2/17-18・3/10-11
http://www.556health.com/sp/r_therapist_ws/

★恋愛・人間関係コンサルティング(旧名称:恋愛セラピー)はこちら。

 個別に丁寧に、問題を紐解き、解決策を提案しております。
 http://www.556health.com/consulting.html

◆ココヘル主催のワークショップ・セミナー一覧はこちら
 http://www.556health.com/work.html

◆あづまの著書「あなたの恋愛がうまくいかない本当の理由」
 出版から数年経っても、未だに「読んで良かった」との
 感想を頂きます。感謝 m(_’_)m
 http://amzn.to/2pKALa2

◆編集後記

もう10月だというのに、うちのバジルはまだ
青々としています(*^_^*)

┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛