たまには愛を受け取りたくないこともある

こんにちは、あづまです。

これは以前、まあまあ上手く行っている夫婦関係で、(縁あって)相談を受けたときにしたアドバイスです。
すでに険悪になっているカップルや、浮気問題などが発覚しているカップルには全く当てはまりませんので、ご注意ください。

あくまで、夫婦問題の治療ではなく、問題が起こる前の「健康管理」的なものです。

だんなさんが、仕事をしていて、奥さんが主婦、という家庭でした。
その中で、自分が出かけることに罪悪感があると。

いつも頑張っているだんなさんに、食事を作ってあげているのに、自分が遊びに出かけて、放っておくのが、悪い気がする、という話でした。

だんなさんは、何と言っているかというと、別に気にしていない、大丈夫、ということ。

そう、つまり、だんなさんは遊びに出かけてOKだよと言ってくれていて、気にしていない。でも、放っておくのが悪い気がする。
それに、カップラーメン食べていたり、手を離すと、不健康な食事をしていたりして、それも心配だという話。

確かに、生活の大半は、健康的な食事をして、お互いに信頼し合って、助け合って過ごすことが大事だと思います。
そこが二人バラバラになっている夫婦だったら、まず距離が離れている関係自体が問題だと考える必要があるでしょう。

ただ、距離が十分近くて、お互い信頼と思いやりがあって、という中での、ちょっとしたすき間。
これはむしろ、あった方が健全なんですね。

だんなさんの立場から見てみます。

奥さんがいつも食事を作ってくれている。それを、ありがたく受け取っている。
で、たまに、奥さんが「出かけたい、食事は自分でやってね」と言った。
さあ、どうでしょうか。

ふつうの、大人の精神年齢のだんなさんなら、「どうぞ、行ってらっしゃい」って話になるはず。
奥さんに対する思いやり、もあります。
でも、ちょっと勘違いしている人もいると思うので、もう一つ別の動機をご説明します。

多くの男性は、奥さんの愛情は、ありがたいと思って受け取っていながらも、たまには目の届かないところでバカをしたいんです。
健康的な食事を毎食作ってくれる奥さんがいたら、それはもうありがたいし、感謝もしているけれど、

きっと怒られるけど、カップラーメン食べたい、とか。
ジャンクフードだって分かってるけど、○○食べたいとか。

愛を受け取る代わりに、バカやりたい、って気持ちもあるわけですね。
そんな、適度なすき間を上手く作ってあげるとよいのです。

正しいことだけ、理想的なことだけでは、息が詰まるものですからね。

さて、あなたとパートナーとの距離はどうですか?
距離が詰まりすぎて息苦しいなら、こんな風に適度に風を入れて、すき間を作ることがプラスに働きます。

逆に、距離が空きすぎている場合は、間に別の異性が入り込むスキが生まれやすいわけですから、距離を近づける方が課題になるかもしれません。
(この記事のテーマとは逆なので、ここでは詳しく書きませんが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください