自立, 女性, 恋愛下手, キャリアウーマン

トップページ >  1b.心理学に関するコラム > 「私は自立した女」のワナ

「私は自立した女」のワナ

 最近では男性に依存しない女性が増えてきました。特に若い女性は仕事をしっかりして男性に経済的には依存しない、自立した女性がいますね。

 ところが。

 経済的に自立した女性が、実は依存していると言ったら意外でしょうか?恋愛の本にはよく依存?自立?相互依存ということが書いてあり、依存の段階から自立に成長することが大切だと主張されています。相互依存は自立した二人が更なる幸せのためにお互いを必要とする、と書かれていますので、自立することがまずは大切だというわけです。

 だったら、キャリアウーマンはみんな幸せな恋愛をしていなければおかしいですよね。自立しているわけですから。では、本に書いてある自立することが必要というのは嘘なんでしょうか?

 ここで少し頭を整理しましょう。「自立」を経済的自立と精神的な自立に分けて考えます。
 経済的な自立とは、男性に依存しない経済力を言います。これは、分かりやすいですね。個人的な意見を言えば、女性の場合妊娠、出産に続いて育児などの負担もありますから、仕事のみからの収入ではなく、投資などによるいわゆる「不労所得」で収入の基盤を構成することが真に経済的に自立した状態と言えるわけですが、ここではとりあえず仕事をして十分な収入を得ていれば自立していると考えましょう。

 しかし、どんなに仕事ができても恋愛面での「自立」すなわち精神的な自立には至らないのです。これが多くの人に誤解されている点です。

 では、精神的な自立とはなんでしょうか?
 それは、不完全な自分を自分で認めているかどうかです。今のままの自分でいいんだと、心の深いところで感じているかどうかです。これは大変重要なポイントで、自分を許していて、心に余裕があることが恋愛には大きな意味を持ちます。なぜかというと、恋愛は一方が辛い気持ちを持っていたり、緊張しているともう一方も幸せを感じられないからです。

 どんなところで、自分の不完全さを認めていることが生きてくるかというと、たとえば相手が失敗したとき。デートで遅刻した、なんだか意味が分からない目的で散財した、会社の上司に言われて信念に反した仕事をした、休日にだらだら過ごした、自己啓発といいながら将来お金にならないような自分磨きをしている、ちょっとしたことで怒った、なんだか自信がなさそう。人は色々な不完全さを持っているものです。実は自分の不完全さを認めていない人は、他人の不完全さも認めないのです。

 自分の不完全さを認めない、というのは、言い換えると、本当の欲求を無理をして抑えているということです。例えばたまにはぱーっと散財をしたい自分がいたとして、でもそれはしてはいけないことだから「我慢」しているとします。その時にあなたの恋人がやたら高い服とか、いい歳してプラモデルとか、あなたには意味が分からないもので散財したとします。とてもイライラするはずです。だって、あなたにとってそれは「やってはいけないこと」なのですから。
 恋人がやっていてイライラすることというのは実はあなたの心を映し出す鏡です。本当はあなたはそれをやりたくて仕方がないのです。でも、抑圧している。その目の前で平気でそのルール(あなたの頭の中にあるだけなんですよ)を破る恋人。イライラしますね!あなたは、恋人のどんな行動にイライラしますか?それはきっと、あなたが心の底でやりたいと思っていることですよ。

 自分の不完全さを認める、というのは、言い換えると、理性的には馬鹿馬鹿しいとかダメだとか思える欲求であっても抑圧せずに、そういう愚かな欲求も持っているのが自分であって、抑圧して苦しくなったら、ちゃんとその欲求を満たしてあげることです。アホなことにお金を使ってはいけないと理性では思っていても、やっぱりぱぁーっとお金を使うことに憧れがあるのなら、半年に1回はやってみるとか、自分に対して必要以上に厳しくしないことが大切です。まずは自分がどんな欲求を抑圧しているかを知ることが大切です。隠された欲求を知るためには、他人がこれをしていると見ていてイライラする、ということがヒントになります。あなたの潜在意識はうらやましがって、イライラするという感情を生み出してあなたの意識にメッセージを送っているのです。

 自分の不完全さを認め、自分を許すことができると、相手の不完全さも認められるようになります。こうなると恋愛は一気に幸せの度合いを増していきます。お互いイライラすることもなく、相手に何かを強制したり禁止したりすることもなく(これは、無言の圧力をかけることも含みます)、ただ一緒にいるだけでわくわくして、温かい気持ちで、相手が馬鹿なことをしても失敗をしても、多少がっかりすることはあるでしょうがイライラすることはなくなります。

 この、自分の不完全さを認めるという点は、仕事で成果を出すこととはあまり関係ありません。むしろ本当の自分を認められたときには、仕事で成果を上げなければ「いけない」というような、あなたが自分に無意識に課している義務からは解放されているはずです。

 そして、本当にそれができたとき、あなたが幸せを探求する旅が始まるのです。

(2007.4.3追記)
 ここで精神的自立と書いていることは、「他人の評価がなくても自分を支えられる気持ち」すなわち「自己肯定感」が十分にあるという意味です。
 自分が、他人に合わせて我慢しなければ、受け入れてもらえない。言い換えると「いい子の自分しか居場所がない感じがしている」という気持ちが強いということは、自分の存在価値の根拠を他人の評価に依存していることになります。
 ダメな自分でも、ここに生きていてOKなんだ。そう思えたときに、生きるのが楽になります。

 そして、他人に合わせて我慢する人生から、
 自分が本当にやりたいこと、自分が本当に幸せと思えることを追求する人生に。

 幸せを探求する旅が始まるのです。




あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

うーん。何度も読み返してみたのですが、いまいち「精神的自立」と「不完全な自分を認めること」のつながりがわかりません。

全体的なお話はとってもわかりやすいと思うのですが、そこだけがあまりピンときません。説明してくださると嬉しいです。

投稿者 Lynne : 2007年4月 1日 11:47

◆Lynneさん

ご質問ありがとうございます。
追記しましたので、ご参考になさってくださいね。

投稿者 あづま(管理人) : 2007年4月 3日 10:36

「自立した女」の悲劇というと、まさに私が経験したことそのままかもしれません。

結婚当時、私は経済的に自立していたのですが、結婚後一年でどんどん夫の仕事が行き詰まり、フリーターになり、ついにはプー太郎になってしまいました。
それでも夫婦を支えていくのが妻の勤めと、一生懸命働いたけれど、ある時一切家事が出来なくなりました。そして家を飛び出しました。
私の努力の甲斐もなく、どんどん堕落していく夫の不甲斐なさや情けなさに耐えられなくなってしまったのが直後の思いでしたが、言葉では一切、夫を蔑むようなことは言いませんでしたが、本当は、相手を許し、受け入れてたなんて言えなかったんです。貧乏暮らしをするのがイヤだっただけ。頼りにならない夫に引きこまれて不幸になるのがイヤだったんです。
だから、夫を立てたことなんてありませんでした。何でも自分がやった方が早いし、確実だとさえ思っていました。でもそう思いながら「できる自分」と慰めていても、この関係に何の意味があるのかと悩み、とても苦しかったです。
今では、夫は私以上に 男である自分への自信喪失状態に苦しんでいたんだと、思えるようになりましたが、私も「夫には頼れないんだ」と痛感させられた辛さから、可愛く甘えるより、自立すればいいと頑なに思い込もうとしていたのです。

男性は、誰かに頼られ何かを守ることで、自信を得たり、強くなれる傾向が女性よりも強いことを、あずまさんや他の方々のコメントより知ることができました。本当にそう思います。
私は、「男を立てる」なんてことを意識したこともありませんでしたが、今はそれがどんなに大切だったか、よく分かります。
もし、私が自立を手放し、裸一貫になっても夫を立て、信じてついていくと言っていたら、夫はたくましく成長していたかもしれない、と思います。

今では、離婚後自信をなくしていじけた子供の様になってしまった私を、何度も「そのままのヒカルが好きだから自信を持て」と言ってくれる男性に出逢い、自己無価値観から開放された気がします。
許されることがこんなにも心地いいものだと、初めて知りました。同時に、私が前夫にしていたことは、無言であろうとも断罪だったと思い直しました。
現在は、この男性を再婚し、「男を立てる」ことの重要さや、男が上とか女が下とかではない「役割分担」の重要さを日々かみしめています。すぐには上手く出来ませんが、あずまさんや皆さんのおかげで、器用(←言い方が悪いでしょうか??)になれました。

自立し、肩意地張って、もう誰も私を傷つけさせないと鎧を着ていても、私にとっての「女の幸せ」は見つけられませんでした。
男性に頼り、男性を精神的に支えることで、男性に守られ、男性に大切にされる幸せがあるんだと思えるようになりました。
「私は自立した女」という自意識と持ちながら、何かに頼りたいと思っている女性はとても多いと思います。
そんな方々に、このHPを見て、幸せのしっぽを見つけてもらえたらとても素晴らしいと思います。

長文、失礼致しました。

投稿者 ヒカル : 2007年5月18日 15:01

ヒカルさん

コメントありがとうございます。
・・・というよりも、生の体験談、ありがとうございますm(_'_)m

依存の段階から、自立の段階に成長するときは、自分の力で成し遂げることがとても大事です。
そして、自立できる経済力や心の力がついてからは、再び相手にゆだねる勇気を持つことが大事なのです。

この勇気を出すことが、やはり怖い。
今まで自分で全部コントロールしてきた人生を、相手にゆだねるのが、怖い。

ヒカルさんの体験談は、後に続く人たちにその勇気を与えてくれるものだと思います。

素晴らしいコメント、本当にありがとうございました。

投稿者 あづま(管理人) : 2007年5月20日 14:42

あづま先生の記述を読んでいるうち、私も自分の評価を他人にゆだねている一人だと感じています。
これからでも、自分を癒して自己肯定感を育ててゆきたいと思っています。
さて職場での一件ですが、
攻撃的な上司からの責めを回避するため、上司の責める内容の仕事は私の担当ではありませんと申し立てました。すると今度は同僚であり、私と仲良しの職員にむかって「“まめ”でなければお前の担当である」と責め始めました。
私と同僚の仕事は共通するところがあるので、今回の仕事の比重は同僚にあるとはいえ、一概にどちらの担当と分けることが困難です。
しかし私は上司からの責めを一掃することに必死で、同僚のことを配慮することができましせんでした。
同僚は気分を害してしまいました。上司に対する怒りもあるでしょうが、私としましては自分の火の粉を同僚に振りかけてしまったことを責められている気がしてなりません。というか私自身が罪悪感にさいなまれています。
このような場合、
上司からの責めを回避するのでいっぱいいっぱいだったとはいえ、人に悪い影響を与えてしまった私を許して良いものでしょうか・・・。私自身が自分を許せずにいることが取り組みどころだとは思うのですが、どう許して良いのかわかりません。どのように解消し、自己肯定につなげてゆけばいいのでしょうか。
日常の取るに足りないできごとではありますが、どうぞあづま先生のコメントを少しでもいただければと思います。

投稿者 まめ : 2011年1月25日 10:09

まめさん

コメントありがとうございます。
なかなか付き合っていくのが難しそうな上司の方ですね。

私は最近、許すことにチャレンジする前に、自分のなかに「軸」を作ることが先決ではないか、そう考えています。

他人の評価にぐらぐらしない、自分の価値観の「軸」、正義感の「軸」など。
頼もしくて安心感のある父親に育てられると、こういう軸はあまり苦労せずに育ちます(とは言え、大人になっても誰でも未完成な部分を持っています)。

自分の中の軸が育っていないと思う場合、他人からの肯定的評価(ほめられたり感謝されたり)を積極的に受け取ることが大事だと考えています。

コツコツ積み重ねることが大事です。

恋愛セラピーでは、解決を早めるため、イメージを使ったワークなどを通じて、もっと早く他人からの評価を受け取れるように指導しています。お一人で取り組まれる場合、ちょっと時間はかかるかもしれませんが、基本的に上に書いたような方向が大事だということは同じです。

その上司の方を心の中で父親代わりにしてしまうと、辛いことになりそうですので、温かく頼もしい男性からのほめ言葉を受け取るように、始めは努力していきましょう。

応援しています。

投稿者 あづま(恋愛セラピスト) : 2011年1月29日 07:56

あづま先生、コメント感謝致します。
今の私の状況に必要なものは不完全な自分を認めることだと思っておりました。
間違いではないでしょうが、それのみではなく、自分の軸を育てることも必要であることを教えていただきました。
コラム記事の中にある「父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(1)(2)」
を合わせて読み、これからの取り組みにいかしてゆきたいと思います。
今回の事件を“軸”の必要性に結びつけることが自分ではできず、先生に教えていただけて目から鱗です。
なぜなら私は自称ファザコンで、父親を今でも大好きだからです。大好きな父親からは愛をもらえなかったなんて思ったことがなかったのです。
しかし病気がちな父親を早くに亡くしましたので、父親的な愛情を私の心に必要なだけ満たしきれてなかったのかもしれません。
そしてそれを気づかせてもらえたことがほんとにラッキーだと思えます。
私は32歳にして、まだ心の成長途中だと思います。
今回の他に今の私に必要な心の栄養があるかもしれません。
それを少しずつでも補い、生きやすい私になれたらと思っております。
そのために、あづま先生のブログやコラムその他記述が大変な助けとなっております。
どうぞお体を健やかに、そして今後の活動を心から応援させていただきます。
この度はありがとうございました。

投稿者 まめ : 2011年2月 1日 15:01




トップページ >  1b.心理学に関するコラム >  このページ“「私は自立した女」のワナ”のトップへ


「私は自立した女」のワナの関連記事etc.

1b.心理学に関するコラム 記事一覧

心理セラピーが真に役立つとき3【得体の知れない感情の出どころ】 /  私の目指すセラピーは、真の解決志向 /  人生がパターン化するとき(禁止令と人生脚本、つづき) /  友達に「もう別れなよ」と言われる恋愛パターンの、交流分析的説明【禁止令と人生脚本】 /  深いレベルで、自分を変えること(家事の好き嫌いを例として) /  心理セラピーでいちばん大事なのはリソース探し /  心理セラピーが真に役立つとき2【得体の知れない感情の癒し】 /  自分の気持ちが分からない人に試してみてほしい方法 /  心理セラピーが真に役立つとき【得体の知れない感情の癒し】 /  反省には「肯定的反省」「否定的反省」「反省したフリ」がある /  「信じる」には「期待」と「信頼」と「思考停止」がある /  この世界が安全な場所と感じるかどうかが、幸せな恋愛と関係します(ワールドイメージ)。 /  「子供のために離婚しない」という考えは間違いか? /  出来事に、堂々と対応できる自分になろう /  「浮気はなぜいけないのか」これが私の最終回答です。 /  夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? /  相手を操作する心理学に頼りたくなる自分の弱さに気づこう。 /  許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。 /  自立しているはずなのに「依存的」と言われるのはなぜ? /  本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは? /  親が離婚すると子も離婚する!?ー不幸の世代間連鎖の本質 /  夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ /  優しい人を選んだつもりが弱い人だった!とならないために。 /  自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。 /  反省とは、自分の力を信じること。 /  動画:問題解決に当たるときに、必要なことは? /  自分の「ストレス指標」を知ることから始めよう。 /  人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。 /  「叱る」とは「あんた不幸に向かってるよ」と諭すこと /  浮気の清算は、借金の清算に似ている /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  傷が深いときは、愛を補うだけでは解決できない /  見守る愛が足りないケースとその対処法 /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(2) /  父親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方(1) /  母親的な愛の必要性と、足りない場合の補い方 /  信じる=思考停止、のことがあるのでご注意を。 /  自我の発達と、精神的成長 /  一緒にいて疲れる女性の特徴ランキングから考察。 /  「いい子」と「思いやりのある子」は違う。 /  精神的成長とは何か(1) 困った人を「自我の発達」から見ると… /  良いことがあったあとには悪いことがある!? /  「被害の受け身」の言葉を使わないようにしよう。 /  4+1個の感情スキルで、感情のコントロールを。 /  意味と印象を、ちゃんと分けて捉えること。 /  痛み止めではなく、治療薬を選択する意志を持つこと /  能力は「借りもの」という意識 /  自己否定のクセはどうやって始まるの? /  問題だらけの人生は、「共依存的人間関係」から生じる /  親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる /  解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道 /  過去に何を経験したかではなく、そこから何を学んだかが大事 /  問題に向き合う4つの態度「解決・放置・回避・責任転嫁」 /  「成長するな」という禁止令に気づこう /  辛い体験を「乗りこえる」とはどういうこと? /  男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する /  責めないけれど、放置もしないためには? /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ(2) /  視野が狭いと夫婦は仲間割れする /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  大人の人見知り克服法 /  怒りのコントロール(3) ?怒りのコントロールが難しい人 /  実空間と像空間?怒りと罪悪感 /  生きるよろこび /  嫉妬も変化の第一歩、のことがある /  家事が嫌いになる心理学的な理由とその解決方法 /  怒りのコントロール(2) /  怒りのコントロール /  感情の出方が間違っていませんか? /  命をつなぐ /  変えられないことを受け入れる /  不幸の世代間連鎖を断ち切ることの大切さ /  不幸な母親とは、訣別しなさい /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  人生脚本の書き換え方(提案) /  罪悪感を手放す方法 /  ときには、課題から逃げることもあっていい。 /  フォーカシングを使って、感情を整理しよう /  自分を大切にするとは、こういうこと /  いじられキャラの心理分析 /  親からもらった一番悪い癖とは【自分の幸せのために努力しないこと】 /  ハイヤーセルフにつながる前に、自我を育てよう /  好きなことをして幸せになれる人、罠にはまる人 /  相手が変わってくれないと嘆く前に /  感情の90対10の法則 /  心理療法を受けて変化できる人、できない人 /  大人って何? /  幸せなとき、心は外を向いている /  心の力について /  自分の心の力を育てる /  アファメーションをしましょう /  幸せなことを100個書いてみましょう /  私は「脱力系」セラピストなので・・・ /  「私は自立した女」のワナ /  マンネリ解消 /  タロット占いについて思うこと /  息子を愛する母親 /  人生初の三角関係! /  依存?自立?相互依存?共依存 /  「相手を変える」たったひとつの方法 /  人気ブログランキング、快進撃中! /  相談するということ /  メルマガ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 を創刊して /  メルマガへのコメント受付中! /  メールマガジンサンプル誌 /  このサイトを立ち上げた目的 /  サイトの立ち上げ / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(168) /  1b.心理学に関するコラム(108) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.恋愛セラピストHaNAのコラム(134) /  1f.セラピスト花桜里のコラム(57) /  1g.セラピストまなみのコラム(23) /  1i.セラピスト田中延代のコラム(36) /  1k.セラピストひなたのコラム(33) /  1t.恋愛タロット(1) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(167) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(70) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(37) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(26) /  おすすめ・キャンペーン(3) /  オススメ記事(44) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

正しいことを「正しい」と言うのは正しいか?(浮気を問い詰めることを例として) /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  男は結婚式の準備にどこまで関わるべき??マリッジブルーの心理学? /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  マリッジブルーの彼女にかけたい言葉 /  マリッジブルー 【マリッジブルー】 /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  遊びの恋と本気の恋の見分け方 /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  魔性の女とハマる男の心理 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫カウンセリング /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  魔性の女 【ましょうのおんな】 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]