【ココヘル103】浮気されて辛いあなたに応援メッセージ2

 

正直言って、どう応援していいのか、難しいんです!
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 103号 2006.6.24
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 
 こんにちは、あづまです。
 
 前回のKさんのお便りに共感してか、たくさんのメールを頂きま
 した。ありがとうございます。
 
 今日は、不倫されて辛いあなたへの応援メッセージの2回目です。
 
 
 ココヘルは、読んで役立つことを目指していますが、
 この、不倫されてしまった方への、「役立つ内容」難しいです。
 
 
 下手に変なことを書いてしまい、傷つけてしまうのは本意ではあ
 りませんので、まず正直に気持ちを書いてしまいますね。
 
 
 正直、不倫された方へのメッセージを書くのは難しいです。
 というのも、アドバイスを書くと
 「不倫されたあなたに悪い点がある」
 という意味になりがちですし(そういう意図で書かなくても)、
 
 逆に、あなたは100%正しい。不倫する方が悪い、というので
 は、解決策になりません。
 
 その辺の難しさを抱えながら、何とか書いていきますのでよろし
 く!おかしな点があったら、丁寧に教えてくださいね。きついメー
 ルは正直へこみますんで。
 
 
 では、はじまりです!
 
 
◆不倫されたあなたは、被害者です。
 
 不倫される方にも非があるという意見があるのは知っていますし、
 それも一理あるとは思います。ですが、
 
 相手が悪くて、どうにもならなかった部分があるでしょう。
 
 どうか、ご自分を責めないでください。
 そこが、スタートラインになります。
 
 
◆「正しい」「正しくない」で判断する教育を受けました。
 
 親も学校の先生も、正しいことと間違ったことの区別を教えてく
 れたのです。それは大事なことでした。
 
 しかし、中には、正しいかどうかで判断するとうまくいかない事
 もあるのです。男女の関係は、特にそうです。
 
 
◆「嬉しい」「悲しい」を大切に。
 
 不倫されて、傷ついた、とても「悲しい」というように。
 
 愛情を感じて、体が温かくなり「嬉しい」というように。
 
 
◆感情には、よいも悪いもないのです。
 
 ただ、感じるだけです。感じたものは全て正しいのです。
 それを、自分でありのままに受け止めるだけです。
 
 
◆「正しい・正しくない」の呪縛を解きましょう。
 
 言い換えると、正しい・正しくないは、自分で判断していないの
 です。社会や世間といった、第三者に判断の基準を預けてしまっ
 ているのです。
 
 自分自身の感情「嬉しい」「悲しい」を積極的に意識することに
 よって、判断基準を、自分の手に取り戻しましょう。
 
 
 あなたは、自分が「嬉しい」ことをしてよいのです。
 正しいかどうかは、一旦脇へ置いておいて、
 自分が「嬉しい」ことをしてよいのです。
 
 
◆素直な感情は、気持ちよい。
 
 素直な感情が出せるようになると、パートナーへのメッセージも
 変わってきます。
 
 「家庭が一番大事だから、仕事ばかりでなく家のこともすべき」
 「○○さん家は、旦那さんが炊事洗濯全部やってくれるって」
 
 旦那さんが、お皿を洗ってくれました。
 でも、なんか満たされない。
 
 (実は、本当の気持ちは)
 
 「仕事とはいえ、留守がちで『寂しい』」
 「もっと、『話を聞いてほしい』」
 のかもしれません。
 
 感情を素直に、穏やかに出せば、相手も傷つかないですよね。
 
 逆に「家庭が大事だから」とか言われると、正義を振りかざして
 いるように聞こえますね。
 
 
◆正しい・正しくないで判断すると自分の感情が永久に出せません。
 
 上の例でいえば、家にいて、話を聞いてくれたり、自分のことを
 もっと気にかけてほしいという願いが、本当の欲求だとすると、
 
 正しさを主張した場合、本当の欲求にかするだけで、いつまでも
 満たされません。
 
 例えて言えば、お腹が空いているのに水を飲むようなものです。
 永久に、満たされないのです。
 
 それにつき合わされるパートナーも嫌になってきます。
 
 
◆自分を責めないために。
 
 自分の感情を素直に出す習慣があれば、
 「不倫はけしからん」ではなく、
 「不倫されたら辛い」という言い方になるはずです。
 
 逆に自分自身の態度に対しても、
 「自分のここが間違っていた」ではなく、
 「自分のここが、パートナーにとって、嫌だった」になります。
 
 それこそが、相手を思いやることです。
 
 そして、相手の感情を考えるとき、
 自分が正しいかどうかは、関係ありません。
 
 自分が間違っていたと、自分を責める必要もないのです。
 
 自分を責める習慣を、このへんでやめませんか?
 
 
◆まとめ
 
 不倫されたあなたへの応援メッセージ、あづまも迷いながら一生
 懸命書いています。
 
 素直な感情を自分で感じることがまず大切。
 
 男女関係には、正しい・正しくないは持ち込まない方がよい。
 
 自分を責める習慣は、やめましょうね。
 
 
◆あなたは、どう思いますか?
 メッセージお待ちしています
 
 azma@556health.com までメールしてください。
 (@を半角にしてください)
 
 
◆不マジメ人生のススメ
 
 ココヘルブログの記事です。
 http://www.556health.com/archives/2006/05/post_305.html
 
 先日ご紹介したのと同じメルマガのバックナンバーが使われてい
 ますが(お気に入りの号なのでご容赦)、
 
 そう、不マジメなのに幸せになる。
 そんな話を書いています。
 読んだら納得していただけると思いますよ。
 
 タイトルは、???な感じですけどね。
 
 不マジメ人生のススメ
 
 お読みになり、ブログランキング応援していただけると
 とても嬉しいです。
 
 
◆編集後記
 
 前回、こんなことを書きました。
 
 上司がしかめっ面なので、私もしかめっ面で仕事をしています。
 
 それに対して、「微笑み」で仕事をした方がいいというご意見を
 いただきました。
 
 
 んがしかし?
 
 どうも、笑っていると、たるんでいると思うような人なので・・
 あきらめています。
 
 席が斜向かいなので、席にいるときだけです、しかめっ面は。
 そのほかの時は、「微笑み」を心掛けますね。
 
 他の人もいるわけですし。
 
 
 昨日は、配信ができなくてすみませんでした。
 奥さんの体調がよくなくて、病院に行っていました。
 しかし、6時間ぐらいかかりました。待ち時間長すぎです(怒)
 あれじゃ、病気が悪化してしまいます。
 
 回復してきていますので、心配しないでくださいね?
 
┏━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┓
 ありがとう! ライフスタイル版新着1位! 祝!10000部
 ●女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ●ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信して下さい。
  これまで、頂いたメールをメルマガで紹介させていただく際の
  ルールを明確にしていませんでしたが、このようにします。
 
 ・メールの文面は、基本的に元の文体そのまま。
 ・本人のお名前や、登場人物はイニシャルにするか、または別の
  名前にすることで、個人が特定できないようにします。
 ・事前の確認は原則しませんので、送って下さったメールは紹介
  されることがあるとお考え下さい。
 ・紹介不可の場合、明記してくだされば、紹介しません。
 
  azma@556health.com ←メールはこちらまでお願いします。
  スパム防止で@は全角になっています。半角に直してください。
 
 ※たくさんのメールを頂いています。ありがとうございます!
  個別の返信はできないことがありますのでご了解下さい。
 
 こんな方にお役立ち情報をお届けします。
 ○出会いがない(出会う自信がない)
 ○なぜか不倫ばかり(一対一の恋愛に自信がない)
 ○不倫されて悩んでいます!
 ○交際が長続きしない
 ○今の相手と喧嘩が絶えない
 ○パートナーとマンネリ(冷戦)
 →でも、現状を変えたい!解決したい!
 
 ●制作:あづま やすし(男女のメンタルヘルスカウンセラー)
 ●自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ●登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 ●ブログ http://www.556health.com/
┗━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┛
 
(結婚とは)
 
 このコーナーは、あづまが結婚生活で得た気づきを気まぐれに書
 くコーナーです。
 
 ※あづまの「ノロケ」じゃないの?というご意見を頂きました。
  まあ、否定はしません(笑)
 
  でもね。
 
  このコーナーの意図は、最近、結婚に対して消極的になってい
  る人が多いので、
 
  結婚生活って、思い通りにいかないもの。
  でも、まあいいじゃないの。その中で精一杯やれば。
  スマートに、エレガントに行かないところが面白いんです。
 
  そんなメッセージを伝えて、肩の力を抜いてもらおうという
  コンセプトなんです。
 
 
 さて、「結婚とは」のネタが尽きたので、
 「結婚生活では」シリーズをお送りします。
 
 
 結婚生活では、感情を切り離すことが大事。
 
 意味:相手がブルーになっているとき、一緒に落ち込まないこと。
 
 好きな相手と一緒なのだから、相手の感情に影響されるのは当然。
 ちゃんと、心から相手の感情を受け入れられる、それが深くつな
 がっている証拠ですね。
 
 でも、100%受け入れてしまい、相手と自分の境界線がなくなっ
 てしまうと、とても辛くなってしまいます。
 
 自分の幸せの責任者は自分。
 相手の幸せの責任者は、本人。
 自分ができるのは、相手の幸せの、お手伝い。
 
 まずそう割り切ることが大切です。
 でも、世界で一番たくさんお手伝いできるのだから、悲観するこ
 とは何もないですよね。
 
 ※自分でそう書いていながら、やっぱり引きずられます(>_<)     (今日のアファメーション)    (物事を難しく考えてしまい、前に進めないとき)    今のままの私でOK!