絆, 味方, 自己開示

トップページ >  3b.心の化学反応式ー解説書 > 味方=楽しいことを話せる+辛いことを話せる

味方=楽しいことを話せる+辛いことを話せる

楽しいことを話して受け止めてもらう+辛いことを話して受け止めてもらう→絆が出来て「味方」になる

人と人とのつながりはどうやって強められるかというと、
やはり、自分の感情が動く話を、相手が受け止めて聴いてくれたときです。

感情が動く話というのは大きく分けて二種類あって、楽しい話と、辛い話です。

相手が自分の「味方」であると感じられるためには、この両方を話し、受け止めて聴いてもらう必要があります。
但しこれは、必要条件であって、十分条件ではありません。

つまり、こちらが話したとしても、相手がそれを受け止められる状態でない場合、残念ながら絆が強まらないこともある、ということです。

しかしまず、自分から胸襟を開いて、楽しい話しをし、辛い話や自分にとって大事な過去の辛かった経験も話すことが、本当の信頼関係を築くためには必要になります。


また、立場を逆にしてみれば、相手の楽しい話を否定せずに聴き、相手の辛い話や、恥ずかしい過去の打ち明け話も、否定せずに聴くことができれば、相手にとってあなたは「味方」ということになります。

このような基本的な信頼関係が、カップルの関係を維持したり、親しい人間関係を維持するためにはとても大事になります。

もちろん、どんな相手でも絶対に受け入れてくれるわけではありませんから、すべての人がこういう意味での「味方」だと期待するのは間違っています。しかし、人生に一人も「味方」がいないと感じているとしたら、自己開示をしていなさ過ぎなのです。

楽しい話も、辛い話も分かち合える本当の「味方」を作るということが、とても大切です。


楽しいことを話して受け止めてもらう+辛いことを話して受け止めてもらう→絆が出来て「味方」になる





恋愛からパートナーシップ、幸せな家族を作る学びを続けましょう。
心理学コミュニティー「ココアミ!」無料お試しあります。
ベストパートナーを見つける取り組みが、即、自己成長にもつながる講座!
運命の相手にだけ出会う! 恋愛心理学ワークショップ
現在募集中のワークショップ一覧はこちら

あなたにぴったりの解決法は


応援クリックありがとう!→←人気ブログランキング

ドットライン

コメント

驚きました。別れた夫は、こちらがどんなに心を開いても自分の心は見せず、
決して「味方」にすらなれない人だったのだと、だから私は辛かったのだと
分かりました。
今の彼氏には、泣くほどの状態の私を2度ほど見せてしまっています。
一度は彼の女問題で、一度は私の子供のことで・・・。
彼はどのくらい私に心を広げてくれているのでしょうか。はっきりとは分かりません。
でも、私が悲しい表情をしていると自分も悲しくなると言っていました。(本当でしょうか。)55?60%くらいしか彼は私にまだ心を広げてはいないと思います。
若くないんだから、急がなくていい。と言ったりします。
彼は確実に私の味方だと思いますが、女はいくらでもいる、いくらでも取り換えられる、自分はモテるんだ、と思っているらしいのでその点で70%くらいしか信用できないのです。男は味方には出来ても、それを一人占めは難しいのでしょうか。

投稿者 きょきょん : 2010年8月17日 15:30

きょきょんさん

コメントありがとうございます。

この「味方」には両方向があるんですよ。

あなたの喜びも、辛さも、両方とも彼が受け止めてくれる。
これはつまり、彼があなたの味方になってくれているということ。


逆に、彼の喜びも、辛さも、両方ともあなたが受け止めるということ。
これはつまり、あなたが彼の味方になっているということ。


両方とも出来て初めて、本物の絆が生まれるのです。

よく考えてみてくださいね!

投稿者 あづま : 2010年8月22日 04:27

毎日、更新を楽しみにして読ませていただいています。

別れた夫とは絆を結ぶことができなかったと感じていました。

楽しいことは受け入れてもらえたけれども辛い気持ちは受け入れて
もらえなかった。
否定癖があり、共感性の無い人だったので一緒にいてとても淋しかったです。

そして具合の悪い時に度々、無視されたり冷たくされました。

そして夫自身、私に心を開いてはくれませんでした。

とっても淋しく辛い結婚生活でした。


そしてやっと離婚できたのに、なかなか前を見て歩き出せない私がいます。


早く前を向いて歩き出し、新しいパートナーとの絆を深める喜びを味わいたいと思います。


絆ができるとお互いに心が安らいで幸せなのでしょうね。


これからも為になるお話、楽しみにしています。

投稿者 ラッキー : 2010年8月22日 21:22

ラッキーさん

コメントありがとうございます。
別れるときには、相手の態度が悪くても、自分はそれに巻き込まれないという姿勢が、最終的に心の傷が浅くてすむ一番のコツです。

それに、相手に(断らずに)練習台になってもらって、よい対応をしながら別れれば、次に向けて既によい習慣づけが出来るわけですから。

相手にも愛情を注ぎながら、しかも、コミュニケーション方法の練習台になってもらうわけですから、恨みも少なく、ある意味感謝も出来る。

傷ついてしまった場合、とにかく、辛い感情をしっかり感じて、出てこなくなるまで感じ切るしかありません。

大したことは出来ませんが、恋愛セラピーなどをご利用になると、寄り添う人がいる分だけ、少しだけ立ち直りが早くなると思います。

とにかく、心の痛みからの早い回復をお祈りいたします。

投稿者 あづま : 2010年8月25日 00:22




トップページ >  3b.心の化学反応式ー解説書 >  このページ“味方=楽しいことを話せる+辛いことを話せる”のトップへ


味方=楽しいことを話せる+辛いことを話せるの関連記事etc.

3b.心の化学反応式ー解説書 記事一覧

友達に戻る=別れる+感情の整理をつける /  嫉妬深い=自己愛・自己肯定が足りない /  プライドが高い=ほめてほしい /  味方=楽しいことを話せる+辛いことを話せる /  退屈=頑張っていない状態 /  愛75% 依存心20% 罪悪感5% /  癒し系キャラ=プラス感情に敏感+マイナス感情の受け流し上手 /  依存症=負の感情+感情を呑み込むクセ /  嫉妬=うらやましい気持ち+自分には手に入らないという思いこみ /  罪悪感=無邪気な愛+過酷な状況 / 

記事カテゴリー一覧

1.恋愛の悩みに関するコラム(179) /  1b.心理学に関するコラム(116) /  1c.男性向きのアドバイス(32) /  1d.人を動かす秘訣(36) /  1e.結婚生活の悩みに関するコラム(2) /  1g.セラピストまなみのコラム(24) /  2.恋愛セラピー手法・事例・信念(36) /  3.女と男の心理学用語集(168) /  3b.心の化学反応式ー解説書(10) /  4.リンク(11) /  5.書評・レビュー・講演(101) /  6.メルマガバックナンバー(146) /  6b.メルマガバックナンバー2(153) /  6c.メルマガバックナンバー3(151) /  6d.メルマガバックナンバー4(147) /  6e.メルマガバックナンバー5(139) /  7.恋愛セラピストあづまの日記・提言・発言(29) /  おすすめ・キャンペーン(7) /  オススメ記事(39) /  電話・skype恋愛セラピー(4) / 

オススメ記事

その恋、恋愛依存症かも!? 問題アリの彼から離れられない心理 /  「浮気しない人」を求めても、引き寄せられない理由 /  身近に回避依存症者がいるあなたへ、対応策と自分を守るアドバイス /  「浮気はなぜいけないのか?」について議論しましょう。 /  浮気症の治療法、改善方法 /  恋愛依存症の克服・解消に役立つ心理療法の技法 /  不倫に陥る理由(父親との関係) /  恋愛カウンセリングの受け方 /  モテる男の心理と、落ち着いた大人の男の心理の違い /  謝れない男の心理 /  婚活(結婚活動)の必須科目 心のおそうじ /  共依存的な恋愛の解決法について /  共依存的恋愛?恋愛依存症の泥沼から抜け出すために /  失恋した元彼との復縁方法を探しているあなたに辛口アドバイス /  浮気性、浮気症 【うわきしょう】 /  恋愛コラムby恋愛セラピストあづまやすし /  彼氏ができない理由、自己診断チャート /  マリッジブルーの原因と解消法?男性と女性でこれだけ違う /  黙り込む男の心理 /  いじられキャラの心理分析 /  モテる男の心理(心の問題/回避依存症) /  回避依存症【かいひいぞんしょう】 /  不倫の子を妊娠?中絶or出産?認知は? /  不倫されたときの心の癒し方 /  浮気男の心理 /  恋愛依存症の克服・回復 【れんあいいぞんしょう】 /  浮気チェックの方法 /  夫の不倫に気付いたら /  男の浮気を防止する方法 /  彼氏が出来ないのはなぜ? /  男心をつかむ方法 /  彼氏が出来ない理由、ご意見募集! /  【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方 /  彼氏ができない理由、決定版 /  男の心理が分かる心理学レポート【男心理解】 /  男性心理(怒る男性の心理) /  心理学・メンタルヘルス おすすめリンク /  人生の先生・友人リンク1 /  恋愛・結婚おすすめリンク / 


  PR [無料タロット恋愛占い屋]