【ココヘル352】自分をゆるせば、全てはうまく行く

 

◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学 352号 2009.1.23
 
 あづまです。こんにちは。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
 
 
 最近、私のテーマは、
「自分をゆるす」というものになってきています。
私自身の中にもまだ、自分をゆるしていない部分があるのかも
しれませんが、少なくとも、意識的に感じる部分で言えば、
自分に厳しく、自分を責めているために、恋愛や人間関係、仕事
などあらゆることがうまく行かなくなっている人が多いと感じて
います。
恋愛セラピーでは、自分をゆるすワークをよくやります。
※現在、心のデトックスマニュアルに特典としてつけている
 ものです。興味のある方は、とってもよいワークなのでやって
  みてほしいです。
  心のデトックスマニュアル
  http://www.556health.com/selfcare/
 
 
◆ 自分をゆるすって?
 
 私はよく「罪悪感」という言葉を使いますが、それは、自分を責
めている状態を表します。
自分をゆるすというのは、罪悪感を解消することです。
この罪悪感、心の深いところに潜伏するのが得意な感情で、自覚
しづらいことが、いやす上で一番の問題になります。
 
 
◆ 自分をゆるす道 ?行動編
 
 そういえば、私は元々罪悪感が強いタイプの人間でした。
 
大学生の時にもボランティアサークルみたいなところに所属して
いましたし、恋愛でもなんとなく救いを求めている感じの女性に
惹かれてしまい、助けたい、救いたいという気持ちと愛を混同す
る傾向がありました。
ただ、そういった経験がまったく無駄だったかというと、今振り
返ってみるとそうでもないと思っています。
他人のために尽くすこと、
他人の幸せのために、努力してみることの中に、
自分の心の癒しの道がある。
そういう側面も、あると思うからです。
罪悪感を解消する道、行動編としては、
他人のために尽くすこと。
他人を助けること。
これが、大事だと思っています。
 
 
◆ 自分をゆるす道 ?メンタル編
 
 但し、行動だけで解決しようとすると陥る危険があるのが、
犠牲
というパターンです。
 *************************
 心理学的には「犠牲」と表現するのが正しいのですが、
 これはちょっと、誤解を生みやすい表現でもあります。
 
 なぜなら、本人が「犠牲になっている」と感じる場合、
 それは「被害者意識」といって、「依存」の典型的な
 症状だからです。
 
 「犠牲」の典型的なパターンは、「いい人でいたい」
 「償いをしたい」という気持ちで他人に尽くしていき、
 いよいよ限界を超えたところで「うつ」になったり、
 「爆発」したり(=抑え込んでいた依存心が出た)
 するというものだからです。
 *************************
 
 他人のために尽くしているのだけれど、
やってもやっても、自分の心の癒しにつながらない。
どんなにやっても、まだ頑張らなければいけない気がする。
 
 行動で解決しようとすると、メンタル面(潜んでいる罪悪感)の
課題が大きい人は、際限のない自己犠牲にはまりがちです。
 
 
◆ そもそも、なぜ自分をゆるしていないの?
 
 私の考えでは、罪悪感とは
失敗した愛の残骸
です。
ここで「愛」とは、
相手の幸せを願う心のことです。
人は誰でも、一緒にいる人、大切な人に幸せでいてほしい、笑顔
でいてほしいと願っているものです。
それが「愛」です。
子どもの頃に、お母さんには笑顔でいてほしかった。
でも、いつもキーキー、ギャーギャー言うばかりだった。
子どもの頃に、お父さんには笑顔でいてほしかった。
でも、お母さんや家族に怒鳴ったり、恐い顔ばかりだった。
よく、子ども時代に暴力をふるわれてその恐怖心が心の傷になっ
て・・・という「トラウマ」で物事を説明する人がいますが、
確かにそういうケースもあるのですが、私はむしろ、
お父さんやお母さん、あるいは家族の誰かが、笑顔じゃなかった。
子どもの頃に、無邪気にみんなの幸せを願っていたら、その希望
が打ち砕かれる経験をした。
そのような、
失敗した愛の残骸が、罪悪感となって、
幸せへのブレーキになるのだと考えています。
 
 
◆ 罪悪感が作り出す症状
 
 では、心の奥に罪悪感を持っていて、自分をゆるしていないと、
恋愛や人間関係でどんな症状が現れるのでしょうか。
ざっと列挙してみます。
 
 
 ・遠慮してしまう
・【他人】に対する怒りが収まらない
 
 ・恋人ができない
 
・遠距離恋愛が多くなる
 
・尽くすばかりで(表面的にうまく行っていても)心は苦しい
 
・依存的な相手を引き寄せてしまう
 
・横暴な相手(俺様タイプ)を引き寄せてしまう
 
・仕事などを頑張りすぎて、苦しいのに、やめられない
 
・他人に「嫌だ」と言えない
 
・社会的に「いけないこと」(不倫など)をしてしまう
 
 ・自分の気持ちがわからなくなる
 
 
 これらの症状は、心理学を学び、セラピーを実践する中で私が見
いだしたもので、こういった症状がある場合、罪悪感をいやす方
向でセラピーの組み立てをするという「判断基準」です。
 これらの症状に思い当たる方は、罪悪感のしわざかもしれません。
自分をゆるすことが、大事なテーマになるかもしれませんね。
 
 
◆ 罪悪感なんて、感じてないけれど・・・?
 
 しかし、「罪悪感」と言われてもピンと来ないかもしれません。
 それは、心の奥深くに潜んでいるからです。
 
 私は「罪悪感は、感じない感情」という考えを持っています。
感じないのに感情だというのは禅問答みたいですね。
ちょっと例を挙げて解説しますね。
ふつう、彼氏に食事をご馳走してもらったら、嬉しいと感じる人
が多いと思いますが、こういう「自分が楽しくなる」場面で罪悪
感を感じてしまう人もいます。
では問題です。
上のような、罪悪感を感じやすい人は、
罪悪感を日頃感じているでしょうか?
 
 答えは、NO、です。
感じないのです。
ますます混乱してきましたね。
では、タネあかしをします。
 
 
実は、罪悪感は、「もしもの世界」で感じる感情なのです。
もしも、ご馳走してもらったら、罪悪感を感じる
 
 すると、「もしもの世界」に立ち入らないようにするのです。
つまり、ご馳走してもらわないという行動パターンが生まれる。
 という仕組みです。
ここから導かれる結論は、
 
罪悪感を持っていると、
自分が楽しいことに対して遠慮してしまう。
 
 ということです。
 
 
 自分が罪悪感を感じてしまいそうな「もしもの世界」には立ち入
らないようにしていますから、私たちは、日頃は罪悪感を感じな
いで生きています。
でも、確かに、罪悪感は存在するわけです。
その、「もしもの世界」に。
 
 そしてその、「もしもの世界」は、いまより幸せな世界です。
 
 
 ですから、あなたが罪悪感を抱えているかどうかは、
罪悪感を感じるかどうかで判断するのではなく、
 上に書いたような症状から推測してみるのが役立つのです。
なお、自覚症状があるぐらい罪悪感が強い場合は、
【恋愛セラピー】を受けてみた方が解決は楽だと思います。
 http://www.556health.com/order.html
 
 自覚できる罪悪感は強くないけれど、上の症状には当てはまる方
は【心のデトックスマニュアル】の別冊を活用してみて下さい。
http://www.556health.com/selfcare/
 
 
◆ 自分をゆるしたら、ダメになってしまう!?
 
 自分をゆるすということに対して抵抗がある人の中には、
 
自分をゆるしたら、
際限なくだらしなくなってしまったり、
際限なくわがままになってしまったりするのでは・・・
そんな不安を持っている方もいらっしゃるようです。
私はそんなあなたが大好きです。
だって、それこそ、愛ですから。
自分をゆるしたら、だらしなくなるのか・・・
私は、ならないと思っています。
罪悪感が強い人は元々、他人を助けたかったり、他人の幸せを願
う気持ちが強かったり、やさしくて愛情があるのです。
ただちょっと、その愛がネガティブに出ているだけ。
だから、捉え方をちょっと変えるだけです。
 罪悪感:
「人にやさしくできなかった私にダメ出しする」
 
 これを、こう変えます。
 ↓↓↓
 愛:
「人にやさしくできた私を自分でほめる」
 
 
 減点法を加点法に変えるだけです。
自分をゆるしても、他人に尽くす気持ちが持続するコツ。
それは、自分の中にある愛情に気づくことです。
 
 
そして、
 
 罪悪感が強いあなたは、本当はやさしい人なのです。
ぜひ、その愛に気づいてください。
そして、前向きに、加点法で捉え直してみてくださいね。
 
 
 但し、ちょっと補足ですが・・・
罪悪感がいやされてフタが外れた直後は、寂しさが出たり、怒り
が出たり、依存的な自分が出ることもあります。
自覚しながらそんな自分と付き合っていけば、永遠に出るもので
はありません。ゼロにはならないにせよ、穏やかにはなります。
フタは取った方が楽になります。
 
 
 もうひとつ、補足です。
罪悪感の親戚に「無価値感」というものがあります。
これは、自分に価値がないと感じる気持ちのことです。
 
無条件に自分に価値がないと感じるほどの場合は恋愛どころでは
ないでしょうから、私の相談事例はありませんが、
よくあるのは、頑張っていない自分には価値がないという条件付
の無価値感を持っているケース。頑張るのをやめられなかったり
します。
この場合も、自分をゆるすことがテーマになります。
 
 
◆ 今日のまとめ
 
 最近セラピーのテーマにしているのが「自分をゆるすこと」
遠慮ぐせ/【他人】に対する怒り/恋人ができない/遠距離恋愛
尽くすばかり/依存的な相手の引き寄せ/横暴な相手の引き寄せ
 頑張りすぎ/嫌と言えない/不倫/自分の気持ちがわからない
 
 などの症状の根っこに「罪悪感」「自分をゆるしていない気持」
 がある場合が多い。
罪悪感を感じないように「行動を避ける」ことが多いため、自覚
できない罪悪感を持っていることも多い。
罪悪感は「失敗した愛の残骸」。
罪悪感を持っている人は本来、優しい性質を持っている人。
 
 
自分をゆるせば、全てはうまく行く。
 
 
 あなたも、自分をゆるし、罪悪感ではなく、
愛(自他の幸せを願う心)に従って生きる道を選んでみませんか。
きっと、幸せがいっぱい増えていきますよ。
 
 
 このテーマで本を書きたいなぁ・・・
 
 
 
◆ ふたつの「癒しのマニュアル」
 
 自分で自分の問題を解決できるようになることは、
とても大事なことです。そのための自習マニュアルを制作
しております。お役に立てれば嬉しいです。
 
 
 ◇著書「あなたの恋愛がうまくいかない本当の理由」
 
自分がかぶっている「仮面」に気づくために、
「あなたの恋愛がうまくいかない本当の理由」が役立ちます。

あなたの恋愛がうまくいかない本当の理由 発売記念アマゾンキャンペーン


 
 ◇ 心に抱えた、負の感情を浄化!
 
 恋愛運がない!人から責められる!
 
これは、実はあなたの心が作り出している部分もあるのです。
 特に、心の深いところに抱えた負の【感情】は厄介です。
 これを浄化するためのマニュアルです。
 
 幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せる
心のデトックスマニュアル
http://www.556health.com/selfcare/
 
 
 
 
◆編集後記
 
 NHKのテレビで、脳の男女差についての特集番組をやっていた
ので、録画して昨日見ました。
すごかったのが大学の教授の部屋に、男性が女性を見るときにど
こを見ているのか、という研究をするためのフィギュアが置いて
あったこと。
結局、全体的な太め、細めは好みが分かれるが、とにかく腰のく
びれ(=ウエストとヒップの差)を見ているという結論だったの
ですが、女性のフィギュアがたくさん置いてある部屋で仕事をし
ている大学の先生って、日本ではなかなかいなそうです・・・
 
 アメリカって恋愛を大まじめに研究している人がいるんだ、とい
うのがちょっと新鮮な驚きでした。面白そう・・・
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!28000部
 ◆女と男の「心のヘルス」?癒しの心理学
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
違法なアドレス収集は一切行っていません。
 
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします★
 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛
 
 
 幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せる
心のデトックスマニュアル
http://www.556health.com/selfcare/