【ココヘル669】ベースアイテムを手に入れて育てるのだ(家事をしてくれる男性3)

 

★女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学 669号 2015.7.10
 
こんにちは。あづまです。
いつも読んで下さってありがとうございます。
 
 
 
★ダウンロード音声講座 「へこまない心のつくり方」
 
 他人のちょっとしたひと言で「どーん」と落ち込んでしまう。
 それを防ぐにはどうしたらいいか?
 これって、社会人必須のスキルじゃない?
 
 大阪で同名のセミナーを開催したときの音声が、
 板書した図解がレジュメに盛り込まれて復活!
 日程に縛られず学べる、ダウンロード音声講座になりました☆
 
 詳細&お申し込みはこちら。
 http://www.556health.com/sp/invinciblemind/
 
 
 
 
1.「仕事は家に持ち帰らない」はオトコの悪徳、オンナの美徳。
2.家事のストレスは、実は精神的ストレス
3.カスタマイズ可能なベースアイテムを手に入れて育てるのだ
4.これまでの自分の「引き寄せ環境」を良く振り返ってみよう
5.自分の仕事の「意義」を語ろう+α
 
 
今日は第三回目ですが。
 
カスタマイズ可能なベースアイテムを手に入れて育てるのだ。
 
というタイトルでお送りします。
 
 
オーダーメイドダーリン 幸せの王子様の育て方
高殿円著 飛鳥新書 http://amzn.to/1GyjUZ9
 
何度か紹介していますが。
 
 
この本、すごいバカバカしい調子で
書かれている、漫画なんですが、
 
内容はホントまともで、
どういう風にパートナーを見つけたらよいか、
よくまとまっています。
 
 
オタクチックな用語が多いのも、
笑えるし、深刻にならないのがマルです。
 
でね、
その本によると、
 
あなたが、カスタマイズすればいい。
 
 
ゲームでね、
武器を手に入れた。
 
なんだこりゃ、全然攻撃力無いじゃん(今は)、
って思っても、驚くような成長性を見せた、
みたいな。
 

まあそんな調子で描いてあるんです。
 
 
そういう、
カスタマイズの「ベースアイテム」になるような、
【素直】で【成長できそう】な男性を選べ、と。
 
これね、
むちゃくちゃ本質的なことなの。
 
 
大体ね、結婚適齢期って言われる、
20代(昔はね)から30代前半ぐらいまでの年齢の
男性で、
 
経験豊富で、仕事も家事も子育ても、
なかなかのレベルで出来る人なんて、
ほとんどいないです。(男女ともに)
 
自分のことを考えてみたら分かると思います。
相手だって、でっぱり引っ込みあるとは思いますが、
平均すれば大体似たようなもの。
 
 
完成品を求めるのは、
みっつの理由で、
お勧めしません。
 
 
ひとつめ、
パートナー探しってのは、プレイヤーが、
・自分
・相手
・ライバル(の同性)
がいるわけなので、
 
完成品は、
競争率が高いんですね。
並み居る女子を押しのけて、勝つ自信があれば、
勝負を挑むのもアリ、かと思うんですが。
 
 
ふたつめ、
完成品を求めようとすると、
どうしても頭で考えがち。
これが、だまされのもと。
 
もし、男子がその場だけモテようと思ったら、
ウソでもいいから、家事が好きなフリをすればいい。
仕事もできるフリをした方がいい。
子供好きであるフリをした方がいい。
 
それが(男性にとっても)幸せな結婚につながるとは、
とても言えないけれど。
 

こういう作戦にだまされないためにも、
女性は、頭で考えてパートナー選びをしない方がいい、
と、言っているんです。
 
 
 
みっつめ、
人生は、そもそも変化に満ちているんです。
 
完成品よりも、
状況に応じて変化できる人の方が、
安定します。
 
 
 
 
よっつめ、
みっつめの理由と似ているんですが、
 
「人の成長を効果的に支援できる自分である」
ということって、とても大事なことなんですが、
 
自分が、その責任を放棄してしまうのは、
よくない習慣だという理由です。
 
 
ある男性と結婚した。
その彼は結婚前は実家暮らし。
今まで家事はほとんどやってない。
(したがって、得意ではないし、
 苦手なので抵抗感も持っている)
 
そのときに、
 
「彼に、家事に対してモチベーションを持ってもらうには、
 私は彼に、どう、働きかけたらいいのだろうか?」
 
みたいなことが、
自然に考えられる自分であるっていうのが大事なんですが、
 
 
それが、
 
「そんなこと、自分はできない」
 
って前提になってしまっているとしたら、
ちょっと問題だよね、
 
という話。
 
 
上で紹介した、
オーダーメイドダーリンや、
男女の心理の違いを表した名著、
「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ著
でも、
 
男性にどう頼んだらよいか、
色々書いてありますね。
(機会を改めて、別のテーマの時に書こうと思います)
 
それを、自分が学ぶ、ってこと。
 
もう少し広く捉えると、
学ぶ自分であり続けること。
成長する自分であり続けること。
相手に働きかけができる自分であること。
 
 
これを前提として、
 
例の本の言葉で言うなら、
「相手をカスタマイズする能力のある自分(女性)」が、
 
カスタマイズされて、変化できる、
ベースアイテム(=彼氏)を手に入れる。
 
 
というのが、大事なんです。
 
 
 
交際期間中から、
相手の良いところを見つける名人で、
 
それを受け取って喜び、
受け取れなかったら素直に悲しみ、
 
(我慢して怒り爆発とかじゃなくて)
 
という、自然体な自分でいること。
受け取り上手な自分でいること。
 
 
それが、大事なことです。
 
 
 
 
ところで最後に、
読者さんからメールを頂いたので、
ご紹介しつつ、
 
私の考えを述べたいと思います。
 
 
>ところで恋愛の話になると、メディアでは女性ばかり努力が求められていますが
>なぜ男性のコミュニケーションの問題は取り上げられないのでしょうか?
>私は男性こそもっと改善するべきだと思います。一般の女性はワガママな
>わけではありません。普通に一緒に生活出来るパートナーが欲しいだけです。
>お見合いに行った女性に聞くと、話し掛けても全然答えなかったり、連日
>電話、メール攻撃するという気持ち悪い態度だそうで、「さすがにそんな男性は
>絶対ムリだよな・・・」と同情せざるをえないです。いくら女性が婚活を頑張っても、
>まともに人とのコミュニケーションが出来ないような男性がごろごろいるのが現状です。
>是非男性のあずまさんに、そういう男性を助けて欲しいです。
 
はい・・・
 
メディアの報道のされ方は、
私の責任範囲じゃないので、
こっちに言われても困りますが・・・
 
ちなみに、テレビや新聞などの旧メディアは、
年配の人たち向けにやってますので、
(人口が多く、今はヒマしていて、視聴率高いので)
あんまり真剣に受け取らない方がいいんじゃないかと、
私は思っていまして
(メディア関係の方すいません)
 
 
私のスタンスは、
出会いの段階で、
カスタマイズ可能な、いいベースアイテムを手に入れよう。
で、ポジティブなコミュニケーション力で、
その彼を育てていこう、
 
って方針ですので、
 
 
婚活で出会ったという、
コミュニケーション力がものすごく低そうな、
そういう男性は、
 
 
基本、
 
 
相手にするな。
 
が、私の考えです。
 
 
但し、
それだけだと、
 
社会全体で見たときに、
 
困った男性を、
たらい回しにしているだけ、ですので、
 
 
自分に少し余裕がある女性の方は、
 
最終的に、別れるとしても、
交際期間中は、できるだけ、
ポジティブなコミュニケーションを試みて、
少しでも育ててみようとすべきだと思っています。
 
 
無理だと思ったら、
別れればいい。
 
 
私、メルマガで、
「ダメんずとつきあっても我慢して続けるべき」
なんて、一回も書いてないはずですが・・・
 
 
女性の皆さん。
頑張りましょう。
 
 
正直、私がメルマガで、男性に説教したって、
上のメールにあるような男性は、
どうせ読んでないのですから、意味ないです。
 
 
それよりも、
交際したら、育てる。
 
無理だと思ったら、別れる。
 
 
そうやって、
男性に、愛情を持って接しつつも、
甘やかさない。
 
 
自分が寂しいからと言って、
妥協したり我慢したりしない。
ちゃんと、自分課題は自分でクリアして、
 
 
男性に対して、ものも言えるし、
別れも切り出せる。
 
 
でも、
 
別れるその日までは、
愛情を持って、
苦言も言える。←ここ大事。
 
 
そういう、凜とした接し方が出来る女性が、
増える方が、
男性に対するインパクトがあると思います。
 
 
世の女性がみんなで、
男性を甘やかさず、
 
自分が一人になったらどうしようとか言う
ネガティブな動機ではなく、
 
本気で男性に関わろうという
スタンスになったら、
 
 
いいかげんな考えの男性は、
パートナーを得られなくなりますから、
考えを変えざるを得ないでしょう。
 
 
 
そういう風に、
なってほしいと、
願っているのです。
 
 
そうなるためにこそ、
努力して下さい。>女性の皆さま
 
 
 
それと、
次回のメルマガで書きますが、
 
 
オーダーメイドダーリン用語で言う、
地雷男(カスタマイズ不可能なダメんず)を、
救おうなんて、考えるのはやめましょう。
 
ふつうの精神力の女性には、無理だと思います。
やめたほうが身のためです。
 
 
 
というのが、
私の考えです。
 
 
 
確かに、婚活をしている女性の話を聴くと、
 
「なんだそれ(怒)」
 
と言いたくなるような男性と、
多く出会ったという話を、
聞きますね。
 
私の答えは、
「そういう人は放っておきなさい。」
 
で、変わらないのですが、
 
 
婚活していると、そういう人と多く出会う
という問題は、
 
確かに重大な問題ではあると思います。
 
 
私も、正直、現在のところ、
そうなる原因も、解決策も、
まだ、ピンと来ていません。
 
もう少し、研究が必要です。
 
 
近いうちに、
婚活成功した女性にインタビューして、
成功のポイントをまとめてみたいと、
ちょっと考え始めています。
 
単に体験談を聞くだけだと、
主観の域を出ませんので、
何を質問し、どう整理すれば良いのか、
そのあたりがまとまり次第、
 
メルマガで、
婚活成功者の方にインタビューのお願いを
するかもしれません。
 
そのときは、
ご協力よろしくお願いしますね☆
 
 
 
 
次回以降も、
しばらくこのシリーズが続きます。
 
 
次回もお楽しみに!
 
 
 
 
★Lのマメ知識
 
今回はお休み
 
 
★脳トレ的クイズ
 
今回はお休み
 
 
 
 
★ダウンロード音声講座 「へこまない心のつくり方」
 詳細&お申し込みはこちら。
 http://www.556health.com/sp/invinciblemind/
 
 
★恋愛セラピー 好評受付中です。
 
一人で抱えると
【暗くなりすぎる、迷いすぎる、つらすぎる】
というような、深い悩みは、ぜひ専門家に相談を。
 
二人分の心のエネルギーで取り組むだけでも、
勇気が出ますし、専門家のガイドがあると、
対策の無駄打ちが減ります。
 
http://www.556health.com/
 
 
 
★あづま式 恋愛眼力トレーニング(DVD教材)
 
●不倫に悩んでいる●ダメンズとの恋愛が多い
●恋愛が続かない●彼氏がなかなかできない
●恋愛でいつもイライラしてしまう、などの悩みは、
 
繰り返しているとすれば、あなた自身のメンタルにも、
課題があるはず。
 
メンタルトレーニングによって、
運命の彼を引き寄せる心の土台を作りましょう。
 
DVDを見ながら自習できるようにしました。
http://www.yume-maru.jp/mental/top/index.html
 
 
 
◆編集後記
 
お腹空いた?
いまからごはん・・・
 
┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓
 ◆女と男の「心のヘルス」ー癒しの心理学
 祝!TBS・日テレ・フジテレビ出演(目指せNHK!)
 ◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!
 ・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。
 ・お名前はイニシャルにします。
 ・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた
  め、個別の返信はできないことがございます。
 もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供
 をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。
 ◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)
 ◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html
 (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ◆ウェブサイト http://www.556health.com/
 このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。
 違法なアドレス収集は一切行っていません。
 ★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします
 ★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
  無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。
┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛